ネイルの教科書公式instagram
ネイルの教科書公式youtube
ネイルの教科書公式tiktok
ネイルの教科書公式line

用語辞典

あ行

  • アクティベーター

    グルーやレジンの硬化促進剤。硬化重合するスピードを促進し、強度を上げるネイル用材。(スプレータイプ、ブラシタイプ)

  • アクリル絵の具

    ネイルアートに使用される速乾性、耐久性のある絵の具。トップコートを塗って仕上げる。

  • アクリルシーラー

    スカルプチュアが黄ばんで変色等を防ぐコーティング剤。

  • アクリルニッパー

    イクステンションを除去時に用いるニッパー。

  • アクリルネイル

    アクリルリキッドとアクリルパウダーで作るイクステンション。

  • アクリルパウダー

    スカルプチュア等を作る際に用いられるアクリル樹脂の粉。

  • アクリルブラシ

    スカルプチュア用の筆。(コリンスキー、セーブル等)

  • アクリルリキッド

    スカルプチュア等を作る際に用いられるアクリル樹脂の液体。

  • あざ

    変色した表皮。

  • アザー・マテリアル

    鳥の羽やビーズ等(イクステンション材料以外の素材)

  • アジソン病

    副腎皮質ホルモンの分泌が低下して起こる疾患。(皮膚や粘膜の色素沈着・高カリウム血症・低血圧・脱水症状・筋力の衰え・食欲不振・低血糖・無月経・脱毛・骨粗しょう症等が起こる)

  • アセトン

    除光液の主成分。揮発性が強く引火性なので、換気し取り扱いには注意する。

  • アソート

    アソートセット・アソートカラー・アソートサイズ等多種なもの。

  • アタッチメント

    ネイル用マシーンの付属品で用途により付け替えて使用。

  • アトロフィ

    爪甲委縮症参照。

  • アプリケーション

    イクステンションを造形する際にブラシで行う操作。

  • アポクリン汗腺

    汗の分泌腺

  • アミノ酸

    筋肉や内臓・髪や皮膚のコラーゲン等のタンパク質を構成する物質。

  • アルコール系消毒剤

    消毒用エタノールやイソプロパノール等。(手指や器具の消毒に使用)

  • アレルギー

    特定の刺激物質(外来抗原)であるアレルゲンに対しての過剰な免疫反応(過敏症)。防御反応である抗原対応の特殊な例で、当該物質が再び侵入すると抗原体反応が起こる。

  • アレルゲン

    長時間使用したり、繰り返しそれにさらされた事によりアレルギー反応を誘発する物質。(抗原体)

  • アロマテラピー

    精油などの香りを用いて、体調や気分を整える自然療法。(リラックス効果や免疫改善効果があり広く応用されている)

  • アンギュラー

    斜めにカットされたネイルブラシ。

  • アンダープレート

    腹爪。(3層からなるネイルプレートの一番下の層)角質片が雲母状に重なる縦方向からなる薄いケラチン層

  • アーチロケーション

    ネイルプレートを側面から見たカーブ。

  • アーティフィシャルネイル

    人工爪の総称。(アクリルやジェル等のイクステンション、チップオーバーレイ)

  • アート

    ネイルアート。

  • アートチップ

    様々な素材で装飾したネイルチップ。

  • アームレスト

    施術中に腕をのせるためのクッション。

  • イエローライン

    爪甲が爪床から離れないようにしている帯状の部分。(横線)

  • イクステンション

    爪の造形(スカルプチュア・チップ&オーバーレイ・人工爪を作る技術)

  • 一般細菌

    通常は病原体でないものが多い。原核生物の一種で、細胞感染症の病原体として重要。(形状により球菌・桿菌・ラセン菌に区別される)

  • イニシエーター

    モノマー分子内にある特別な成分。ポリマーを生成するために使うエネルギーを増やす。(開始剤)

  • イボ

    尋常性疣贅参照。

  • 色み

    色相

  • イングローンネイル

    陥入爪参照。

  • ウイルス

    バクテリアよりも小さな病原体。(健康な細胞に侵入し成長して繁殖し細胞を破壊する)

  • ウェットステリライザー

    ニッパーの刃が浸る程度の量の消毒剤を入れ、キューティクルニッパー・メタルプッシャー・ウッドスティック等の器具を衛生的に管理する容器。

  • ウェル

    ネイルチップの内側にある段差部分。

  • ウォーターケアマニキュア

    ウォーターマニキュア参照

  • ウォーターマニキュア

    最も一般的なネイルケアの方法であり、お湯を入れたフィンガーボールに指を入れて行う。

  • ウォーターマーブル

    ネイルアートの一種で水を入れた容器にポリッシュなどを何色か落とし、爪楊枝などで混ぜて模様をつくり爪表面に付ける。

  • ウォート

    尋常性疣贅参照。

  • 魚の目

    足底や足指の角質の一部が内部に肥厚し、硬い芯が神経を圧迫して痛みを生じる状態。(鶏眼・コーン)

  • 薄め液

    カラーポリッシュを薄める際に用いる用材。(ポリッシュソルベント・ネイルシンナー・ポリッシュシンナー)

  • ウッドスティック

    木製のスティック。コットンを薄く巻きポリッシュリムーバーを染み込ませ、はみ出たポリッシュを拭き取ったり細かい作業に用いる。

  • 運動神経

    筋腱を動かす、脳からの指令を伝える神経。(遠心性神経)

  • エアブラシ

    絵の具などをコンプレッサーによる空気圧を利用し霧状にして噴き付ける画法。

  • 衛生管理

    清潔にして健康を保ち、病気にかからないように環境を管理すること。

  • 液体消毒器

    ウェットステリライザー参照。

  • エクリン汗腺

    口唇、陰部を除く全身に分布している汗の分泌腺。真皮や皮下組織にあって、出口の汗孔は皮膚表面の中央にある。

  • エタノール

    「消毒用エタノール」は、76.9-81.4%のエチルアルコール水溶液。

  • エチルアルコール

    エタノールを参照。

  • エッグシェルネイル

    卵殻爪参照。

  • エッジ

    フリーエッジの縁の部分。ポリッシュはどれも最初にこのエッジの部分から塗り始めると、見た目や持ちも良くなる。

  • エッセンシャルオイル

    ロマテラピーに使用するオイル。様々な部分から抽出した精油。

  • エデュケーター

    専門の知識を持ち十分な知識と技術で教育を行うネイルテクニシャン。

  • エナメル

    カラーポリッシュ参照。

  • エポニキウム

    ネイルフォルドを保護し、細菌やその他の異物の侵入を防ぐ皮膚の部分。キューティクル。爪上皮。

  • エメリーディスク

    爪の形を整えたり磨くためのやすり。芯はスポンジであり、いろいろな形がある。

  • エメリーボード

    爪の長さと形を削り整えるやすり。木製ボードの表面にサンドペーパーを貼り付けたもの。ナチュラルネイルのファイリングに使用。

  • エモリエント効果

    皮膚に水分と皮脂を与え、皮膚表面に保護膜を作り水分の蒸発を防ぐ効果。

  • エラスチン

    コラーゲンと同様に真皮の成分で、ゴムのように伸び縮みする性質があり、組織に柔軟性を与える物質。伸縮性の必要な器官に広く分布する。加齢と共に含有量が減少していくため、しわやたるみの原因となる。

  • 炎症

    かぶれ、感染または痛み、ケガ等に反応して起こる症状。赤く熱を持ち、痛みや腫れが特徴。

  • エンボスアート

    アクリルマテリアル等による、凹凸があるアート技術。

  • オイル

    キューティクルオイル等を意味する(ネイル業界)。健康な爪の育成に必要な栄誉素を含んだネイル専用美容液のようなもの。

  • オイルマニキュア

    マニキュアヒーター(オイルヒーター)により温められたオイルまたはローションに指を入れて行う手入れ方法。ウォーターマニキュアより保湿力が高い。

  • 黄色ブドウ球菌

    皮膚や鼻咽喉の粘膜等に常在する細菌。外観が黄色く形はブドウの房のように連なっている。免疫機能が低下した時には、皮膚や肺等に感染症を引き起こす。

  • 横紋筋

    関節を中心に骨格に付き、骨格の運動を受け持つ。意思によって動く随意筋であり、顕微鏡で見ると細かい横縞模様が綺麗に並んでいる特徴を持つ。骨格筋ともいう。

  • オスバン

    塩化ベンザルコニウム系の消毒剤の一種。手指等の殺菌・消毒だけでなく、器具の消毒にも使用できる。

  • オニカトロフィア

    爪甲委縮症参照。

  • オニキクシス

    巨爪症参照。

  • オニコ

    手と足の爪に使われる専門用語。

  • オニコクリプトーシス

    陥入爪参照。

  • オニコグリフォーシス

    爪鉤湾症参照。

  • オニコファジー

    咬爪症参照。

  • オニコマイコーシス

    爪白癬参照。

  • オニコライシス

    爪甲剥離症参照。

  • オニコレクシス

    爪縦列症参照。

  • オペイク

    不透明な絵の具。

  • オンス

    アメリカでの質量、容積の表し方。1oz=約28.35g=約29.57㎖

  • オーバル

    フリーエッジのカットスタイルの名称。

  • オーバーレイ

    チップ&オーバーレイ参照。

か行

  • 疥癬

    ヒゼンダニ(疥癬虫)の寄生により生じる皮膚病。感染してから2-4週間の潜伏期間を経て発症し、激しいかゆみを伴う。

  • カウンセリングシート

    顧客記録のカード。

  • 化学反応

    一般的に化学反応が起こるにはエネルギーを必要とし、イクステンションを行う時には熱か光のエネルギーが使われる。

  • 化学変化

    一つの化学物質が全く異なった化学物質に変わること。

  • 角化細胞

    ケラチンを作る細胞で、表皮細胞の95%を占める。(ケラチノサイト)

  • 角質層

    表皮の一番外側にあり、核が消失した角質細胞が重なり合ってできている層。体の部位により暑さが異なる。

  • 化膿

    膿を伴う部分。(膿む事)

  • カラーオフ

    ネイルプレートの上のカラーポリッシュを除去する事。(ポリッシュオフ、リムーブ)

  • カラーサンプル

    カラージェルやカラーポリッシュ、アクリルパウダー等の色見本。

  • カラーパウダー

    アクリルポリマーに顔料を混ぜた色のついたパウダー。

  • カラーポリッシュ

    爪を着色して光沢のある皮膜を作り、色調で指先を飾るカラーリング用品。(ポリッシュ・ネイルポリッシュ・マニキュア・ネイルエナメル・ネイルラッカー等)

  • カラーリキッド

    アクリルモノマーに色が付いているリキッド。

  • 顆粒層

    顆粒のように見える細胞からできている表皮の構造の一部。

  • カルス

    胼胝参照。

  • 乾癬

    慢性の炎症で粗い銀色のかさぶたで覆われた丸い乾いた皮膚疾患。

  • 汗腺

    体温を調節し発汗によって老廃物を取り除く。

  • 陥入爪

    不適切なネイルカットや靴による圧迫等が原因で、周囲の皮膚に爪がくい込む炎症。オニコクリプトーシス(医学用語)、イングローンネイル(一般用語)。

  • ガーゼクリーン

    ネイルケアの際にガーゼを湿らせて行うクリーンナップの方法。

  • 基底層

    表皮の最下層で真皮の乳頭層の毛細血管から栄養を補給し、常に細胞分裂を行い、上の有棘層に移行する。

  • キュアリング(キュア)

    アクリル、ジェル等が硬化する過程。

  • キューティクル

    エポニキウム参照。

  • キューティクルオイル

    油分を補い柔軟にするエモリエントオイル。爪と爪周囲の皮膚の乾燥を防ぐ。

  • キューティクルクリーム

    爪と爪周囲の皮膚に潤いを持たせて表面に薄い油膜を形成し、乾燥から皮膚を保護し、保湿硬化を上げるクリーム。保湿剤としてグリセリン等が主成分。

  • キューティクルニッパー

    ささくれやルースキューティクル等を取り除くための用具。

  • キューティクルライン

    キューティクルに沿ったライン。

  • キューティクルリムーバー

    爪周りの角質を除去しやすく柔軟にし、キューティクルの手入れをしやすくするネイル用材。

  • 巨爪症

    爪が異常に厚くなる状態で、極端な脱落や深爪、局部感染が原因(爪肥厚症)。オニキクシス(医学用語)、ハイパートロフィー(一般用語)。

  • クラック

    ネイルプレートに亀裂が入る事。ストレスポイント付近に起こりやすい。

  • クルーンナップ

    キューティクルを柔らかくして、ガーゼやキューティクルニッパー等を使用して、ささくれやルースキューティクルの除去までの一連の流れ。

  • クローネイル

    爪鉤湾症参照。

  • グラスファイバー

    リペアに使用する化学繊維。

  • グラデーション

    色の境目を濃淡を使って色を変化させるアートの技術。

  • グリッター

    キラキラ輝く砂粒。(ラメ)

  • グリッド

    ファイルの目の細かさを表す単位。数字が大きくなるほど目が細い。

  • グリーンネイル

    緑膿菌感染参照。

  • グルコン酸クロルヘキシジン

    金属器具、ウッドスティック、プラスチック容器、ウォッシャブルファイルの消毒用の消毒剤。

  • グルー

    ネイル用接着剤。リペアやイクステンションで使用する。

  • グルーオン

    グルーを使って亀裂等を修復する方法。

  • グルーリムーバー

    グルーを取り除く専用液。

  • 鶏眼

    魚の目参照。

  • 化粧品

    薬事法で「体に塗擦、散布、その他これに類する方法で使用される事を目的とするもので、人体に対する作用の緩和なるもの」と定義されているもの。

  • ケラチン

    皮膚や髪、爪の主成分である硬たんぱく質。

  • コイロニキア

    匙状爪甲参照。

  • 交感神経

    自律神経のひとつ。闘争の神経とも言われ、活力を高める。

  • 咬爪症

    爪を噛む習慣が原因でネイルプレートに歯で噛んだ細かい溝ができる爪の状態。オニコファジー(医学用語)、ネイルバイティング(一般用語)。

  • コットン

    綿。

  • コットンスティック

    ウッドスティックにコットンを巻き付けたもの。

  • コラーゲン

    エラスチン同様、真皮の成分。外界の影響から身体内部を保護し、皮膚の弾力と潤いを保つ働きをしている。

  • コンケイブ

    Cカーブのアンダープレート側。

  • コンゲーテッドネイル

    爪の横溝参照。

  • コンプレッサー

    エアブラシの道具でハンドピースに空気を送る機械。

  • コンベックス

    Cカーブのトッププレート側。

  • コーン

    魚の目参照。

  • コーンファイル

    足の裏や指先等の角質を除去するためのやすり。(コーンプレイン)

さ行

  • 細菌性爪郭炎

    黄色ブドウ球菌が荒れた皮膚や外傷から侵入し、赤く腫れあがる状態。バクテリアル パロニキア(医学用語)。

  • サイドウォール

    ネイルプレートの両側に接している皮膚に覆われた部分(側爪郭)。

  • サイドストレート

    横から見た真っすぐなライン。

  • サイドライン

    ネイルプレートの左右の側面の際(側爪甲縁)。

  • さかむけ

    ささくれ参照。

  • ささくれ

    爪の周りの皮膚が乾燥し、ひび割れが起きた状態。ハングネイル(一般用語)。

  • 匙状爪甲

    鉄分不足や貧血、遺伝、職業等が原因で爪がスプーン状にへこむ状態。コイロニキア(医学用語)、スプーンネイル(一般用語)。

  • 殺菌

    微生物を殺すこと。

  • サンディング

    イクステンション等を爪に施す際に、密着をよくするためにネイルプレートの表面のつやをなくすようにファイルで軽く削ること。

  • 紫外線殺菌消毒

    紫外線で殺菌する消毒方法。

  • 色相

    色合いの違い。

  • 色素細胞

    メラニンを作る細胞(メラノサイト)。

  • 指骨

    指の骨。

  • 指伸筋腱膜

    指を伸ばすための腱。

  • 湿疹

    発赤、かゆみ、ただれ、かさぶた等が伴う皮膚表面の炎症。

  • 尺骨

    前腕の小指側の細長い骨。

  • 手根骨

    手首の近い所にある骨。

  • 消毒器

    消毒するものを入れる器。

  • 消毒方法

    科学的方法、物理的方法等がある。

  • シルク

    シルクパッチやシルクラップに使用するシルク繊維。

  • シルクラップ

    爪の補強技術。

  • 真菌症

    真菌類の感染によって起こる病気の総称。

  • 神経系

    神経組織によって構成される器官系。

  • 深指屈筋腱

    指を曲げるための腱。浅指屈筋腱と対になっている指の腱。

  • 真皮乳頭

    真皮の上部で基底層と接し、毛細血管、脈管、神経系の多い部分。

  • Cカーブ

    ネイルプレートを先端から見たカーブ。

  • Cカーブスティック

    美しいCカーブを作るための丸い棒。

  • 次亜塩素酸ナトリウム

    消毒作用のある漂白剤。

  • ジェル

    ジェルネイルを作る材料(ジェル状のアクリル樹脂)。

  • ジェルクリーナー

    未硬化ジェルの除去剤。

  • ジェルネイル

    ライトの光でジェルを硬化する技法。

  • 循環器系

    体の各部に酸素と栄養を供給して二酸化炭素と老廃物を除去するための器官系。

  • 除光液

    ポリッシュリムーバー参照。

  • 自律神経

    意思とは無関係に内臓諸器管をコントロールする神経。

  • 尋常性疣贅

    イボウイルスの感染により生じ、角質肥厚した部分に点状に褐色が見られる状態。ウォート(医学用語)。

  • スカルプチュア

    イクステンション参照。

  • スキンアップ

    キューティクルラインを引き上げる動作。

  • スキンタイプ

    肌質。

  • スキンダウン

    サイドウォールを押し下げる動作。

  • スクエア

    フリーエッジのカットスタイルの名称。

  • スクエアオフ

    フリーエッジのカットスタイルの名称。

  • スタイラス

    ドットペン参照。

  • ステリライザー

    消毒器。

  • ストレスポイント

    イエローラインがサイドに接する点(負荷点)。

  • ストーンアート

    ラインストーン等を使用したアート。

  • スプリットネイル

    爪縦裂症参照。

  • スプーンネイル

    匙状爪甲参照。

  • スマイルライン

    フレンチネイルをかたどるライン。

  • 3D

    立体的なこと。

  • 3Dネイルアート

    ネイルプレートの上に施す立体的なアート。

  • 静脈

    心臓に血液を戻す血管。

  • 脊髄

    脊椎の中を通って脳に続く中枢神経。

  • 脊髄神経

    脊髄から左右対称に出る31対の神経。

  • 施術者

    技術を施す者。

  • 接触性皮膚炎

    外部刺激が引き金となって起こる炎症等。

  • 浅指屈筋腱

    指を曲げるための腱。深指屈筋腱と対になっている指の腱。

  • 爪郭炎

    カンジダ感染等が原因で、後爪郭、側爪郭に発赤や腫れを生じる状態。パロニキア(医学用語)。

  • 爪下出血

    爪下に出血が見られ、黒くなるネイルベットの損傷によろ豆状の血腫。ヘモーレッジ(医学用語)、ブルーズドネイル(一般用語)。

  • 爪甲委縮症

    ネイルプレートがもろく小さくなり剥がれ落ちる状態で、皮膚疾患や内臓疾患が原因。オニカトロフィア(医学用語)、アトロフィ(一般用語)。

  • 爪甲横溝

    爪の横溝参照。

  • 爪甲鉤彎症

    爪が大きく彎曲し分厚くなる状態で、深爪、抜爪等の他、爪白癬等の感染が原因。オニコグリフォーシス(医学用語)、クローネイル(一般用語)。

  • 爪甲縦条

    爪の縦筋参照。

  • 爪甲縦裂症

    爪に何本もの筋が入り割れる状態で、指の損傷、ポリッシュリムーバーの過度の使用等が原因。オニコレクシス(医学用語)、スプリットネイル(一般用語)。

  • 爪甲白斑

    爪に白い点状のものが現れ、爪の成長と共に消失する。ルコニキア(医学用語)、ホワイトスポット(一般用語)。

  • 爪甲剥離症

    ネイルプレートとネイルベッドの間に角質ができ、ネイルプレートがネイルベッドからはずれた状態。オニコライシス(医学用語)、ネイルセパレーション(一般用語)。

  • 爪甲肥厚症

  • ソフトファイル

    ソフトファイル

た行

  • 太淵

    喘息等に聞くツボ。

  • 大循環

    心臓から血液を送ったり戻したりする循環。

  • 体性神経

    知覚神経と運動神経に分けられる。

  • 対立筋

    拮抗している一組の筋肉で、親指と他の指をくっつける動きをする。

  • 胼胝

    足底にできた硬い肥厚、圧迫により生じる。カルス(一般用語)。

  • たむし

    カビによる伝染性の高い皮膚疾患。

  • 単純性疱疹

    唇や皮膚に小水疱や小膿疱が群がって生じる状態で、ヘルペスウイルスの感染により生じる。

  • 大腿骨

    大腿の部分の太く長い骨。

  • 大陵

    不眠症等に効くツボ。

  • ダストブラシ

    ファイルダストを払うブラシ。

  • ダッペンディッシュ

    液体や粉を入れる容器。

  • ダークトーン

    暗い色。

  • 知覚神経

    刺激を受けた部位の感覚を脳に伝える神経。

  • チップ&オーバーレイ

    ネイルチップをナチュラルネイルの先端に装着後、全体をアクリルやジェルで覆う。

  • チップ&ラップ

    ネイルチップを装着後、ラップ材を貼りグルー&フィラー、またはレジンで形を作り全体を補強する。

  • チップカッター

    ネイルチップを切る専門の用具。

  • 中手骨

    手首と指の付け根をつなぐ骨。

  • 中手骨頭

    中手骨の上の部分の骨。

  • 中枢神経系

    脳と脊髄から成り立っている組織。

  • 中節骨

    基節骨と末節骨の間の骨。

  • 蝶番関節

    肘と膝の所にある関節で、二つ以上の骨が扉のようにつながっている。

  • ツイザー

    ピンセット。

  • 爪先

    フリーエッジ参照。

  • 爪疥癬

    感染してから2~4週間の潜伏期間を経て発症し、激しいかゆみを伴う状態で、ヒゼンダニの寄生により生じる。

  • 爪の縦筋

    主に老化と乾燥が原因で、ネイルプレートの表面に、縦に平行に現れる線。ロンギトゥディナル ストリエーション(医学用語)。

  • 爪の横溝

    ネイルプレートに現れるくぼみ。ネイルフォルドへのダメージが原因。ボーズライン(医学用語)、コルゲーテッドネイル(一般用語)。

  • 爪白癬

    白癬菌の侵入により、ネイルプレートが白濁または黄白色に変化したり、剥離したりする状態で症状によって異なる。オニコマイコーシス(医学用語)。

  • 爪半月

    爪甲の根元に見える半月型で乳白色の部分(ルヌーラ)。

  • 手の骨

    手根骨、中手根、指骨からなる。

  • 手白癬

    小水疱、鱗屑、びらんが生じた状態で、白癬菌の感染により生じる。

  • テリジアム

    翼状爪膜参照。

  • ディープトーン

    深い色。

  • デザインスカルプチュアネイル

    アクリルやジェルなどでアートを施すと同時に、イクステンションの基本的な造形を作る事。

  • 伝染性膿痂疹

    成人に見られる痂皮性膿痂疹は、季節に関係なく発症し、小さな水疱に始まり膿疱とびらんが生じた状態で、水疱性膿痂疹(みずぶくれ)と痂皮性膿痂疹(かさぶたが厚い状態)に分けられる。

  • 橈骨

    前腕の親指側の太い骨。

  • 橈骨神経

    腕の親指側と手の甲にはりめぐらされている神経。

  • 橈骨動脈

    前腕や手に血液を送り出す血管。心臓の鼓動に応じて脈打つ。

  • 透明層

    手のひらや足の裏にだけある皮膚の一部。細胞の境界がほとんど認められない。

  • トップコート

    ポリッシュに光沢を与え、持ちを良くするネイル用材。ポリッシュの保護と耐久性を高め、変色を防ぐ。

  • トッププレート

    3層からなるネイルプレートの一番上の層(背爪)。

  • トビヒ

    伝染性膿痂疹参照。

  • トリートメント

    新陳代謝を高め、リラクゼーション効果を与える。

  • トレイ

    衛生的にネイル用具を配置する用具入れ。

  • ドットペン

    ドットをデザインするペン。アート用具。

  • ドライケアマニキュア

    イクステンションの施術の際に、爪周辺に油分や水分を付けずにケアする事。

な行

  • 内転筋

    手指、手首等を内側へ動かす筋肉。

  • 内分泌系

    体内にホルモン等を分泌する組織。

  • ナチュラルネイル

    地爪。

  • 軟骨

    関節、耳、鼻、骨の結合部等にある柔らかな骨。

  • 二頭筋

    筋頭が二つある事。

  • 二枚爪

    爪の層が剥がれた状態。

  • 乳頭層

    真皮の上層にある、表皮の基底層と接した部分。毛細血管、神経系、脈官が多い。

  • ニードル

    エアブラシのハンドピース用針。

  • ネイティフル

    ネイルとビューティフルを合わせた造語。ネイルを主体としたトータルファッション。

  • ネイリスト

    爪の施術者(JNAの造語)。

  • ネイル

    爪。

  • ネイルアート

    爪にデザインする事(フラット、3D、ミックスメディア、エンボス等)。

  • ネイルオイル

    爪周辺と爪を保湿するオイル。

  • ネイルキット

    ネイル技術用の用具、用材。

  • ネイルグルー

    ネイルチップの装着時やネイルリペア等に使用される接着剤。

  • ネイルケア

    手指と爪の手入れ。

  • ネイルコンディション

    爪の健康状態。

  • ネイルストレンスナー

    爪の強化剤。

  • ネイルセパレーション

    爪甲剥離症参照。

  • ネイルタイプ

    ナチュラルネイル、爪質のタイプ。

  • ネイルチップ

    樹脂やプラスチック等で作られた人工爪。

  • ネイルデスク

    ネイル施術用テーブル。

  • ネイルニッパー

    爪切り用の刃物。

  • ネイルハードナー

    薄い爪や柔らかい爪を硬くするベースコート。

  • ネイルバイティング

    咬爪症参照。

  • ネイルピアス

    爪用ピアス。

  • ネイルフォルド

    ネイルプレートを根元で固定している皮膚の部分(後爪郭)。

  • ネイルフォーム

    イクステンション作成時の台紙。

  • ネイルブラシ

    爪をクリーンナップするためのブラシ。

  • ネイルプレート

    通常[爪]と言われる部分で、厚みは0.3~0.8mm程。爪は皮膚の付属器官であり、硬いケラチンからなり、指先を保護している(爪甲)。

  • ネイルベッド

    ネイルプレートがのっている台にあたる部分。ネイルプレートはネイルベッドに密着してのっているだけで、完全には固定されていない(爪床)。

  • ネイルポリッシュ

    カラーポリッシュ参照。

  • ネイルマトリクス

    ネイルプレートを形成する部分で、神経と血管が通っている。ネイルプレートは一生作り続けられる(爪母)。

  • ネイルラップ

    ナチュラルネイルの補強技術。

  • ネイルリペア

    ナチュラルネイルが欠けたり折れたりした時の修理技法。

  • ネイルルート

    ネイルプレートが作られた根元部分。皮膚の下にあるネイルプレートの根元にあたる(爪根)。

  • ネガティブ

    マキシングシートをカットした図柄周りに着色する技法。

  • 頭蓋骨の中にある中枢神経の主要部。

  • 脳神経

    脳から出る12対の神経。

  • 脳脊髄神経

    末梢神経をコントロールしている。体の末端の器官から中枢へ、中枢から末端の器官へ伝達する神経。

  • ノンアセトンリムーバー

    アセトンが入っていない除光液。皮膚やナチュラルネイルへの負担が少ない。

  • ノンエッチングプライマー

    腐食作用のないプライマー。

は行

  • ハイパートロフィー

    巨爪症参照。

  • ハイポニキウム

    爪甲下から雑菌や細菌が侵入するのを防ぐ、黄線に付着している皮膚の部分(爪下皮)。

  • ハングネイル

    ささくれ参照。

  • ハンドクリーム

    手を保湿するために使用するクリーム。

  • ハンドピース

    エアブラシの際に絵の具を吹き付けるのに使用するための用具。

  • ハーフチップ

    ネイルプレートの先端に装着する部分がハーフタイプのチップ(ハーフウェルチップ)。

  • ハーフムーン

    爪半月参照。

  • バクテリアル

    パロニキア  細菌性爪郭炎参照。

  • バチ状指

    指先が大きくなり、爪が湾曲して指の先端を包み込むようになる状態で、先天性の心疾患、肺疾患、肺ガン等が原因。ヒポクラテスネイル(医学用語)。

  • バッファー

    爪の表面を滑らかにし、つややかに仕上げるのに使用する爪磨き。

  • バブル

    気泡。

  • バリ

    ネイルプレートを削った際に取り残した角質。

  • バーチャル

    ネイルベッドを長く見せるためにアクリルでイクステンションを施す技術。

  • パレット

    絵の具を使用する際に使う用具。

  • パロニキア

    爪郭炎参照。

  • パール

    真珠のような光沢のあるデコレーションパーツやカラー。

  • 光重合

    LEDや紫外線のライトを使用する事で硬化反応する事。

  • 皮膚

    体の外表面を覆い、体内の諸器官を外部の刺激から守り、水分蒸発、体温等を調節、皮膚呼吸、知覚を司る等の重要な働きをしている。

  • ヒポクラテスネイル

    バチ状指参照。

  • ヒョウ疽

    細菌性爪郭炎参照。

  • 表皮

    外部から体を保護する。皮膚の一番外側にある組織。

  • 表皮突起

    波形になっており、表皮側から真皮側へ突起した部分を指す。表皮と真皮の境界部分。

  • 微生物

    顕微鏡でしか見る事のできない生物。

  • ピンチング

    Cカーブを作る行為。イクステンションを作る際にネイルプレートの両サイドを挟み込む。

  • ファイリング

    ファイルやエメリーボードを使用し、爪の形を整える事。

  • ファイル

    フリーエッジの長さや形を整えるために使用するやすり。ナチュラルネイルにはエメリーボードを使用する。目の荒さはグリットで表す。

  • フィルイン

    爪が伸びたためにできた段差やイクステンションが浮いてきた等を修繕する事。

  • フィンガーボール

    お湯を入れて手を浸けてキューティクルを柔らかくすると共に、汚れ等を落とすために使用する容器。

  • 副交感神経

    自律神経の一つで攻撃的な活動を抑制し、鎮静化させる。

  • フットケア

    足の手入れ。ペディキュア。

  • フットトリートメント

    足のトリートメント。トリートメントすることで血液循環が良くなり、疲労回復を促進する。

  • フリーエッジ

    イエローラインから爪の先端までの部分(爪先)。

  • フルチップ

    ネイルプレート全体をカバーするネイルチップ(フルウェルフップ)。

  • フレンチ

    フリーエッジ部分を白く塗り分けるアート。

  • フレンチスカルプチュア

    イクステンションでフリーエッジ部分を白で仕上げるフレンチスタイル。

  • フローター

    イクステンション材料で、ナチュラルネイルプレートに長さを出さずに補強する事。

  • ブラシクリーナー

    スカルプチュアブラシの洗浄液。

  • ブラシダウン

    爪まわりの汚れや油分を落とすためにネイルブラシを用いること。

  • ブリオン

    小さな丸い粒でデコレーションパーツの一つ。

  • ブルーズドネイル

    爪下出血参照。

  • ブロックバッファー

    形状が四角いブロックタイプになったもの。

  • プッシュアップ

    キューティクルを押し上げる事。

  • プライマー

    アクリルと爪の密着を高めるために使用するもの。

  • プリカットマスク

    エアブラシの際に使用する、すでにデザインをカットしてあるマスキング。

  • プレスオンチップ

    プレスオンチップ

  • プレパレーション

    イクステンションを付ける前の前準備。

  • プレプライマー

    イクステンションやポリッシュの持ちを良くするために使用する。水分や油分を取り除く。

  • プロダクツ

    製品、商品。

  • ヘモーレッジ

    爪下出血参照。

  • ベンチ

    胼胝参照。

  • ベースコート

    コンディションを整える下地剤としてナチュラルネイルに使用するネイル用材。ポリッシュの定着を高め、爪を保護し、色素沈着を防ぐ。

  • ペイントアート

    絵の具とブラシを用いて施すフラットアート。

  • ペディキュア

    足の手入れ。

  • 保湿

    皮膚に油分や水分を与える事。

  • 保湿クリーム

    油分を補い、しっとりつややかな肌にするためのクリーム。

  • ホットオイルマニキュア

    お湯の代わりに温めたローションオイルを使用するマニキュアの方法。

  • ホワイトスポット

    爪白斑参照。

  • 防腐

    微生物を殺さないまでも、その繁殖や作用を止めて、目的物の腐敗を防ぐ事。

  • ボーズライン

    爪の横溝参照。

  • ポイント

    フリーエッジのカットスタイルの名称。

  • ポジティブ

    マキシングシートをカットした図柄周りに着色する技法。

  • ポリッシュ

    カラーポリッシュ参照。

  • ポリッシュアート

    ウォーターマーブル、フレンチ等、カラーポリッシュのみを使用して作るアート。

  • ポリッシュリムーバー

    ポリッシュ等を除去する時に使用する用材。ノンアセトンのものや、保湿効果、トリートメント効果のあるものもあり、爪の油分等を拭き取る際にも使用する(除光液)。

  • ポリマリゼーション

    ポリマーとアクリルモノマーが混合して硬化する過程。

  • ポリマー

    アクリルパウダー参照。

ま行

  • マスキング

    エアブラシ等で、型紙等を用いてデザインする事。

  • マスキングシート

    エアブラシ等で使う、マスキングのデザイン用シート。

  • 末梢神経系

    脳と脊髄から伸びている知覚神経線維と運動神経線維でできており、体のすべての部分にいきわたっている。

  • マニキュア

    爪の手指を含む手の手入れの事。

  • マニキュアテーブル

    ネイル施術用テーブル。

  • マヌス

    手(ラテン語)。

  • マヌス・キュア

    手の手入れ(ラテン語)。

  • マーブル

    2色以上混ぜ合わせて行うカラーリングの技法(大理石模様)。

  • ミクスチュア

    アクリルパウダーとアクリルリキッドを混合させたもの。

  • ミクスチュアアート

    ミクスチュアを使用したネイルアートの事。

  • ミドルプレート

    ネイルプレートの3層の真ん中に位置しもっとも厚いケラチンが横方向に連なっている部分(中爪)。

  • メタルプッシャー

    ルースキューティクルやキューティクルを押し上げる際に使用する用具。メタル製のプッシャー。

  • 滅菌

    病原微生物のみでなく、あらゆる微生物を殺すかまたは除去して、微生物が存在しない状態にする事。

  • メラニン

    皮膚の色素。

  • メラノサイト

    色素細胞参照。

  • 面取り

    新しいファイルのエッジを取りなめらかにする事。

  • モイスチャー効果

    皮膚の角質層に保湿成分、水分を補い、皮膚を柔軟にして潤いを保つ効果。

  • 毛細血管

    細動脈と静動脈の間をつなぎ、動脈の末抹消に続く血管。

  • 網状層

    真皮の一部で、コラーゲンが一定の規則で配列されている。

  • モノマー

    アクリルリキッド参照。

や行

  • 有棘層

    表皮で最も厚い層であり、表皮に血管はないがこの細胞の間にはリンパ液が流れて、栄養を送る役割をしている。

  • 油分除去

    プレプライマー、ポリッシュリムーバー、アルコール等でネイルプレートの油分を除去する事。

  • 翼状爪膜

    ネイルマトリクスで一部爪が作られず、キューティクルが過度に伸びた状態。テリジアム(医学用語)。

ら行

  • ライトキュア

    ライトの光を照射して硬化させる事。

  • ライトトーン

    明るい色。

  • ラウンド

    フリーエッジのカットスタイルの名称。

  • ラッカー

    カラーポリッシュ参照。

  • 卵殻爪

    爪が薄く白くなり、指先に向かって先端が湾曲した状態で、栄養障害や、内臓疾患が原因。エッグシェルネイル(一般用語)。

  • ランゲルハンス細胞

    表皮内に存在する樹枝状細胞であり、皮膚免疫を司り、外部から侵入する菌、ウイルス、カビ、紫外線、熱等の様々な皮膚情報を脳へ伝達するセンターの役割を担っている。

  • リッジフィラー

    表面を滑らかにするために、ネイルプレートの凹凸を埋め平滑にする際用いられるネイル用材。基本的にベースコートの内容成分に、シルク等の繊維の粉末が配合されている。

  • リフティング

    ネイルプレートからイクステンション等が浮いた状態の事。

  • リペア

    爪の修理全般。

  • 両性界面活性剤

    消毒液の一種。

  • 緑膿菌感染

    緑膿菌が侵入して感染したり、爪白癬、爪甲剥離症等の主原因に、二次的に緑膿菌が感染する事にっよって、爪甲が緑色に変化する状態。グリーンネイル(一般用語)。

  • リンパ系

    リンパは体の中に入った異物や細菌をリンパ管からリンパ節に送り、免疫機能を司っている。

  • ルコニキア

    爪白斑参照。

  • ルヌーラ

    爪半月参照。

  • ルースキューティクル

    キューティクルから発生し、ネイルプレートの表面に付着している角質の部分(爪上皮角質)。

  • ルースハイポニキウム

    キューティクルから発生し、フリーエッジの裏側に付着した角質の部分(爪下皮角質)。

  • レジン

    接着剤としてチップ&ラップ、ネイルリペアに使用される用材。硬化促進のためアクティベーターを併用し、厚みを必要とする場合にも使用される。 ロンギトゥディナルストリエーション  爪の縦筋参照。

わ行

  • ワイプ

    ジェルネイルで硬化した後、未硬化ジェル等を拭き取る際に使用する用材。