ネイルの教科書公式instagram
ネイルの教科書公式youtube
ネイルの教科書公式tiktok
ネイルの教科書公式line

サロン集客に広告は絶対必要ですか?

サロン集客に広告は絶対必要ですか?

 夢のネイルサロンを開業したい!
でもお客様は来てくれるかな…。

 開業したけれどお客様が来ない…。
なんとかして集客しなければ…。

 

そんなお悩みをお持ちのネイリストが必ず一度は考えるであろう
「広告を使ったサロン集客」

 

ただ広告をだせば集客できるわけではなく、
それぞれの広告には特徴があります。

 メリットデメリットも分からないまま、
そして
自分のサロンのコンセプトがしっかり定まっていないままでは
せっかくの広告も費用対効果が薄れてしまいます。

 

このコラムを読むことで
様々な広告の特徴を知ることができ、
ご自身のサロンに必要な集客方法は自分で選択できるよう
になってほしいと思いながら書きました。

ぜひ最後まで読み進めていただけたらと思います。

 

 

あなたに合った集客法を見つけよう

あなたのネイルサロンにお客様を集めるには、
広告を使った集客法もあるし、
広告を使わない集客法もあります。

どちらにもメリット・デメリットがありますし、
あなたが集めたいお客様の属性によっても
どの方法がマッチするのかはケースバイケースです。

広告を使う場合も使わない場合も、
まずはあなたの集めたいお客様を明確にし、
その方たちはどんなサロンを求めているのか、
ネイルサロンでどうなりたいと望んでいるのか
を細かくリサーチをしてサロンコンセプトを明確にしていきます。

このリサーチを飛ばしてしまうと広告の有無に関わらず、
誰にも響かない、特徴のない訴求になってしまうので、
必ず丁寧なリサーチが必要になります。

 

それぞれの集客法の特徴を知ったうえで、
あなたのサロンに合った集客法の選択、組み合わせを見つけていきましょう。

 

 

広告を使ったサロン集客とは

広告を使ったサロン集客は次のようなものがあります。

 

オフラインの広告

 チラシ(自作・ポスティングも自分で)

 チラシ(印刷・ポスティングを業者に依頼)

 新聞の折り込みチラシ

 交通機関の広告(バスや電車、タクシーなど)

 郵便局の広告

 地元のフリーペーパー

 

オンライン広告

 各SNS広告(InstagramやFacebook、Twitterなど)

 リスティング広告

 クーポンサイト

 口コミサイト

 美容系予約サイト

 

などがあります。

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

オフライン広告の集客

チラシ

チラシによる集客はサロンの近くにお住いの方に知ってもらうことができる、
地域密着型の個人サロンにはおすすめの、比較的ポピュラーな方法です。

 自作のチラシは自宅にプリンターがあれば、紙代とインク代のコストのみで作成可能です。

 チラシを印刷業者へ依頼する場合、
デザインは自分でレイアウトして作成するならばデザイン料はかかりませんが、
デザイン制作から依頼する場合にはデザイン料がかかり、さらに印刷代もかかります。

 アプリで簡単にチラシ作成ができるものやネット印刷などで無料で使えるテンプレートを
うまく活用すればデザイン料は節約することができます。

 地道に自分の足でサロン業の空き時間にポスティングする場合、
労力はかかりますが、
特定の地域やターゲット層を絞るなど自分の裁量で細かなポスティングができるメリットもあります。

 チラシの反応率は一般的に【0.01~0.3%】と言われているので、
1万枚枚配って単純計算で【1~30人】のご来店につなげられたら
反応がいいチラシだったという結果を得られるのです。

 

あなたのサロンに何人集客したいのか、
ゴール設定にもよりますが、
チラシでの集客を考えているならまずは反応を見るために数千枚~1万枚を目標に
してみるといいのではないでしょうか。

 数千枚以上を自力でポスティングするとなるとかなりの労力・時間を割くことになるので、
そこを効率化するなら業者に依頼するという方法もあります。

 出来上がったチラシをポスティング業者に依頼するとなるとまとまった費用がかかりますし、
ポスティングの細かな設定はあまりできないので、
あきらかにターゲット層とはかけ離れたお宅にもポスティングされる可能性もありますが、
自分の足で配るより圧倒的に時間と労力をカットすることができます。

 

新聞の折り込み

新聞の折り込みは地域や用紙のサイズによって価格が違いますが、
1枚3円~という場合が多く、1万枚枚だと3万円程度~というのが一般的です。

 ポスティングの場合は、新聞を購読していない家庭にも配布できますが、
新聞折り込みの場合は新聞購読の家庭への配布となるため、
ターゲット層がそもそも新聞や折り込みをよく見る層なのか、見ない層なのか、そのあたりも考慮しましょう。

 そしてポスティングの場合は時間帯を新聞配達とずらせばそのチラシだけがポストインされるのに対して、
折込だと一度に大量の配布は可能ですが他のチラシの中に埋もれてしまい見ていただけない可能性もあります。

 

交通機関の広告

交通機関を利用したとき、いろいろな広告を目にしたことがあると思います。

 駅構内や改札に掲載されていたり、電車・バス・タクシーなどにも様々な広告が掲載されています。

 多くの人の目に触れる機会は増やせますが、
地域密着でサロンの近くの方に絞って訴えかけることは難しいかもしれません。

 掲載場所や広告の大きさなどによって料金も変わってきますが、
数十万~規模によっては数百万の広告料が必要になってきます。

  

郵便局の広告

全国20,000か所の郵便局で様々な広告を取り扱っています。

 郵便局は地域に密着していて、幅広い年齢層が訪れる場所です。

男性は50代から60代が多いのですが、女性は40代が最も多いので、
ターゲット層がマッチしているならサロン集客とも相性がいいです。

 郵便局内でのポスター掲示やパンフレットの設置をはじめ、
窓口で年齢層や性別を絞って試供品やチラシを手渡ししてくれるサービスもあります。

 置いてもらうチラシの大きさや枚数、期間によって料金体系が設定されています。

 

興味のある方は郵便局のホームぺージで料金やサービス内容を確認してみましょう。

 

地元のフリーペーパー

 地域密着型の無料で配布されるフリーペーパーは、
広告の掲載枠の大きさや地域によって広告費が設定されています。

 A4サイズ1ページまるごと掲載ですと50万円~、
半ページでは30~40万円、
4分の1ページで10~20万円、
8分の1ページで5~10万円、
16分の1ページで3~5万円
が相場です。

 

掲載枠が大きければたくさんの情報を入れられるので掲載料は高くなりますし、
掲載枠が小さければ入れられる情報量は少なくなり、掲載料は安くなります。

 地域密着型で幅広い年齢層の方が見ている可能性が高いので、
あなたのサロンのお近くに住んでいるたくさんの方へ情報が届けられるメリットがあります。

 その反面、
フリーペーパーはクーポンを使っていろんなお店に行って体験してみたいという方が多いので、
広告掲載と合わせてリピートしていただくための工夫や費用対効果をしっかりと見極めた方がいいでしょう。

 

 

オンライン広告集客

各SNS広告(InstagramやFacebook、Twitterなど)

今の時代、年齢層、ジャンルに特化した様々なSNSが存在し、
各SNSに広告を出すことができます。

 SNSごとに課金システムが違いますが、
あなたの広告のインプレッション数(表示回数)に応じて料金が発生したり、
クリックされるたびに課金になるもの、
動画広告といってどうがさいせい時間に応じて課金されるものなどがあります。

 

年齢や地域に絞ったり、
オーディエンスといってあなたの普段の投稿をよく見てくれている、
あなたに興味を持ってくれている層に絞って広告を出すこともできます。

 

リアルのオフライン広告との大きな違いは、
ターゲットを絞ることによって低予算で広告掲載にチャレンジできます。

 予算をあらかじめ設定しておけば予算に到達したら広告掲載をストップすることができたり、
柔軟に対応できることがメリットです。

 

リスティング広告

インターネットで何かを検索するとき、
検索エンジンの検索窓に調べたいものの
キーワードを打ち込むと思います。

 その検索キーワードに関連する広告が検索結果の上下に表示される広告をリスティング広告といい、
表示された広告をクリックされると課金されるシステムです。

 

1クリックの単価は、
同じキーワードを狙っている競合との入札で決まり、
人気のキーワードであるほど単価は高くなります。

 リスティング広告を効果的に活用するには経験や知識も必要なため、
代行業者もいますが、その分代行費用もかかります。

 

 クーポンサイト

多くのネイルサロン、エステサロン、美容室が集客に利用しているのがクーポンサイトです。

 自分でコツコツ書いたホームページやブログが検索エンジンで上位に上がるまで
すごく時間がかかったり、
競合が多いキーワードでは個人の発信が上位に表示されることは難しいのですが、
クーポンサイトに掲載すると、
「地域名+ネイルサロン」
と検索しただけでクーポンサイトが上位に表示されるので、
クーポンサイトに掲載しておくことで、
競合サロンの中からあなたのサロンを探してもらいやすくなるのは大きなメリットです。

 また顧客管理ができるような機能が付いたサイトもありますので、
自分にあったクーポンサイトをリサーチしてみましょう。

 

クーポンサイトによっては
そこからの予約の有無に関わらず毎月、月々の掲載料が発生するところや、
掲載料は無料だけど、クーポンサイトからのネット予約や電話予約成立1本のつき
1,000~2,000円前後の料金が発生するところなど様々です。

 また、
クーポンサイトでサロン探しをしている方は
クーポンに最大のメリットを感じていろんなサロンをお得に試してみたいという層も多いため、
リピートにつながりにくい傾向にありますが、
新規のご来店時はクーポンサイトからでも、
それ以降のご予約には自身のサロンの公式LINEに誘導するなどして
帰宅後のアフターフォローなどで信頼構築しリピートにつなげていく工夫も併せて取り組んでくといいでしょう。

 

口コミサイト(レビューサイト)

実際にご来店されたお客様のリアルな声を集めた口コミサイトは、
サロン選びをしている方にとっては気になる情報が詰まっているので、
気になるネイルサロンの口コミをチェックしてからご来店される方も多くいらっしゃいます。


誰でも初めて行くお店は不安なものですよね。

 そんなとき、

  •  実際に行ってみてサロンの雰囲気はどうだったか
  • ネイリストの印象はどうだったか
  • アートなどの仕上がりはどんな感じなんだろう。

 など、
ホームページやブログでは分からない、
実際に体験した人にしかわからないリアルな感想や評価を見てから
予約を入れてみようとなるケースも多くあります。

 

口コミサイトに掲載しておくのも
広告と同じように届けたい層に情報を届けることができます。

 

無料で掲載できるものや一部月額料金がかかるものもありますので、
あなたに合った口コミサイトを見つけたら問い合わせたり、
自分で調べてみたりするといいでしょう。

 

美容系ネット予約サービス

あなたが直接応対しなくても24時間体制で「ネット予約」を受付してくれて、
しかも美容系サロンに特化したネット予約サービスがたくさんあります。

 お客様にとっても24時間好きなタイミングで予約を入れられるシステムはニーズが高いですし、
ネイリストにとってもサロンワーク中や他の業務の手を止めずに予約を受けられるので作業の効率化が図れます。

 導入が簡単で、日々の予約管理画面も操作がシンプルなものが多く、
予約管理と一緒に顧客管理カルテが作成できるサービスもあります。

 

Googleカレンダーと連携させたり、
専用アプリで簡単管理できたり、
売上管理もできたり予約サービスごとに便利機能があるので
リサーチされてみることをオススメします。

 

 好きなデザインを探しながら気に入った近くのネイルサロンを探せるネイルサロンに特化したネット予約サービスもあり、
ネイルに興味があり、今すぐ予約できるネイルサロンを探しているユーザーも多いので、
予約サービスから集客につなげていくことも可能です。

 

無料のものから月額料金がかかるもの、利用するプランによっても変わります。

 

 

 

 広告を使う?使わない?その前に

いかがでしたでしょうか。

 いろんな広告を紹介しましたが、気になったものはありましたか?

 

あなたがサロンをオープンしてもなんの宣伝もしなければ
お店の存在を知ってもらうことができませんが、
広告を上手に使うことによって
多くの方にあなたのサロンの存在やこだわりを知ってもらうことができます。

 

どの広告もメリットデメリットがあり、
広告を出せば必ず集客できるというものではないので、
ターゲット層やサロンコンセプトとマッチしているものを選ばないと
効果がなく集客につながらないということもあります。

 無料で利用できるものもありますが、
広告費としてあなたのサロンの大切な経費を使う選択になる場合もあるでしょう。

 

かけた費用に対してどれぐらいの集客効果が見込めるのか、
つまり
費用対効果は広告サービスの良し悪しではなく、
あなたのお店に来てもらいたいターゲット層を明確にして
ター
ゲットが見てくれそうな場所(広告)選びや魅せ方がとても重要です。

 

これからネイルサロンを始める方にとって、
自分のサロンに合った広告を選べるのか、
不安に思う方もいるかもしれません。

 

広告を使う以外に集客できる方法はないのかというと、
必ずしもそうとは限りません。

 広告を使わず、
SNSやブログから無料で集客できる方法もあり、
実際に成果をあげているネイリストさんがたくさんいるのも事実です。

 

広告を使うか、使わないかは目指すゴールや予算によって選択は人それぞれですが、
どちらの選択にしたとしても、

 「あなたのサロンはどういうサロンなのか」

「どんなお客様に向けたサービスがあるのか」

「サロンのこだわり、うり、強みは何なのか」

 ここを明確にすることがスタートです。

 

自分はどんなお客様をお迎えしたいのだろう、
どんなコンセプトを軸にしていったらいいのだろう。

そんな不安を明確化するための学びができる場所がネイルの教科書 開業編です。

ご興味のある方は初月無料なのでぜひのぞいてみてください。

 

コンセプトを明確にして学びながら経験を重ね、
自分の判断で広告を使うのか使わないのか、
使うならどれを選ぶのか、
使わないなら具体的にどう行動していくのか、
ここを切り開いていけるオーナーネイリストを目指していきましょう。