ネイルの教科書公式instagram
ネイルの教科書公式youtube
ネイルの教科書公式tiktok
ネイルの教科書公式line

ネイリストになるには

ネイリストになるには

美容業界でも人気のあるネイリスト。

自分の好きなことが仕事に出来たら、、、と思う方もいると思います。

ネイリストは美容師やアイリストと違い、
今のところ、
国家資格が無くてもなれることから転職しやすいのが良いところです。

しかし、
美容師免許の様に必須な資格が無い分、
どの様に勉強してネイリストになればいいかわからない方もいらっしゃると思います。

 

今回は
他業種から転職し、ネイル歴10年以上・資格試験試験管の経験もあるネイリストが
ネイリストになるにはどうすればいいのか
手順を説明します。

 

ネイリストになる方法

ネイリストになるには主に5つの方法があります。

 

  1. ネイルスクールで学んで就職

  2. 通信やオンラインスクールで学んで就職

  3. 教育制度のあるサロンに就職

  4. 独学で学んで就職

  5. 個人でサロンを出す

 

1から5になるにつれて後々の難易度は高くなります。
おススメの順番は、1から5の順です。

また、それに合わせて資格も取るか取らないかの選択もあります。

詳細を一つずつ説明して行きます。

 

1.スクールで学んで就職

一番多い選択が、スクールで学んで就職です。

基本的な技術や知識はスクールが一番身につきます。

技術をしっかり学ぶには、
実際に見て学ぶ
のが確実だからです。

独学ですと、
正解がわからない部分があり、限界があります。

それに比べて、スクールは
その場で相談しやすいので、上達は早いですが、
他の方法より初期費用はかかり、ネイルスクールへ通学する必要があります。

また、
基本的技術や資格取得者を選考基準にしているネイルサロンも多いため、
後々の自分の就職の選択支を増やすためにも、
1度専門のスクールで学ぶのはおススメです。

スクールによっては就職相談も出来る所もあります。

 

2.通信やオンラインスクールで学んで就職

ネイルの勉強を
通信やオンラインスクールなどで調べて
自宅で練習をして技術や知識を身につけて就職する方法です。

スクールに比べて初期費用が抑えられる場合があり、
通学時間がかからず気軽に学べます。

しかし、
実物を見られないので
スクールに通学して学ぶことに比べると、
学べる範囲には限りがある場合があります。
また、モデルさんと練習する場合は練習場所の確保は必要です。

現在は、少ない回数で通えるスクールもありますので、
オンラインスクールと併用し、
基本の技術や知識の勉強と自宅での練習の比率を多くして
実物を見たほうがいい内容の学習のみ、ネイルスクールに通う
ということも可能です。

その場合は、
ネイルスクールによりやり方が違うこともあり、
掛け持ちしすぎると混乱する場合もありますので、
学びの場を少数にまとめるのがお勧めです。

 

最近は、オンラインでの直接レッスンや添削サービスも出来てきているので、
上手く活用しましょう。

 

3.教育制度のあるサロンに就職し後から学ぶ

ネイルの勉強をせずに
未経験、未資格可能のネイルサロンに就職し、学びながら働く方法です。

今すぐにネイルの仕事をしたい方は1番早いです。

しかし、
経験も資格も無く、更に教育も一からしてくれるサロンは少ないため
そういったサロンを見つけるのが難しい場合があります。

研修代などと謳い、お給料がほぼ入らないなどの悪質なサロンもありますので
サロン選びは慎重に行いましょう。

 

4.独学で学んで就職

自分でやり方を調べて学び就職する方法です。

最近は、
YouTubeやインスタグラム・TikTok・LINE・他インターネットツールでも
やり方動画など配信されているので、
それらを見たり、直接サロンで施術を受けて参考にしたりして練習します。

配信元やサロンによりやり方が違う場合もありますので、
自分で詳しく調べる必要があります。

 

5.個人でサロンを出す

自分でネイルサロンを出店する方法です。

ネイリストは現在国家資格ではないので、直ぐに自分でサロンを出すことも可能です。

しかし、
未経験や未資格の場合信頼が得にくく
集客が難しい場合やトラブルを全て自分で対処しなくてはならないため、
いきなり独立するのはあまりおススメではありません。

環境の問題で就職が難しい場合でも基本を学んでからの出店がおススメです。

 

資格は必要なのか?

ネイリストは資格が無くても働く事が出来ます。

しかし、
サロンの採用選考基準として取得資格で判断するサロンも多く
「当サロンは全員、ネイリスト技能検定1級取得者」と売りにするサロンもあるくらいです。

経験だけではなく、資格で給与や手当を判断する場合も多いので
自分が働きたいサロンや条件が資格取得者のみという場合もあります。

また、
資格を取ればすぐ即戦力になる訳ではありませんが、
基本的な技術や知識が入っているので自分の自信やお客様の信頼に繋がる場合もあります。

資格は、必ずしも取らなくても良いですが、
後々、自分の環境や気持ちの変化で働き方を変えたい場合の選択肢を増やすためにも
取得するに越したことはありません。

 

主な資格

ネイリストが取得できる主な資格として

就職前でも取得出来るもの

  • JNECネイリスト技能検定(1・2・3級)
  • JNAジェルネイル技能検定(上・中・初級)
  • ネイルサロン衛生管理士
  • JNAフットケア理論検定

 

プロになってから取得出来るもの

  • JNA認定講師

があります。

 

試験内容

・JENCネイリスト技能検定3級

ネイルの基本的な技術と知識(ネイルケア・カラー・アート)

・JENCネイリスト技能検定2級

サロンワークで通用するネイルケアカラー技術と知識

(ネイルケア・カラー・アート・チップラップ)

・JENCネイリスト技能検定1級

トップレベルのネイリストとして通用するアクリルイクステンション技術と知識

(アクリルスカルプチュア・アクリルチップオーバーレイ・ミックスメディアアート)

・JNAジェルネイル技能検定初級

ジェルネイルの基礎的な技術と知識(ネイルケア・カラー・ジェルカラー・ジェルアート)

・JNAジェルネイル技能検定中級

サロンワークで通用するネイルケアカラーとジェル技術

(ネイルケア・カラー・ジェルオフ・ジェルスカルプ・ジェルグラデーション・ジェルフレンチ)

・JNAジェルネイル技能検定上級

ジェルネイルのスペシャリストとして通用する総合的な技術と知識

(ジェルスカルプチュア・ジェルチップオーバーレイ・ジェルフレンチ・ジェルアート)

・ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロンにおける衛生管理自主基準を普及し安心で安全なネイルサービスを提供するための知識(講習・筆記試験)

・JNAフットケア理論検定

ネイリストがネイルサロンで正しい施術を行うために必要とされるフットケア理論の習得(講習・筆記試験)

・JNA認定講師

プロのネイリストになってから取得出来る資格です。
1級合格から1年以上経過している事や他条件を満たした方が受験可能です。

日本ネイリスト協会講師会のメンバーとして
イベント実行委員や検定試験の試験管、コンテスト審査委員、各セミナーなどネイルの普及と発展に努める活動をする必要があります。

(ネイルケア・カラーフレンチ・フレンチスカルプチュア・チップオーバーレイフレンチ・デザインスカルプチュア)

 

まずはどこまでの資格を取ればいいの?

まずは

  • ネイリスト技能検定2級
  • ジェルネイル検定中級

の合格を目指しましょう。

そこまで取得すると、サロン就職の際の募集先も増えて来ます。

ネイリスト技能検定1級まで取得を目指す方で、
サロンワークと平行して1級まで取れるのかが心配な方は
先に資格を取得してから就職活動をしてもいいでしょう。

ネイリスト技能検定1級までは最低でも1年~1年半はかかります。

 

資格取得を目指す場合は、
1のスクールに通う方法や2の通信やオンラインスクールがお勧めです。
または、1と2を併用しても良いでしょう。

最初はある程度の時間や費用が掛かりますが、
後々の自分の働き方の選択肢を広げるための「投資」と考えて
自分に合ったスクールを探しましょう。

 

通うスクールの探しかた

まずは自分に合う内容や費用、場所、開校時間の所をいくつか探してみましょう。

資格を取りたいなら、検定合格カリキュラムがきちんとある所
アートを沢山学びたいなら、アートが得意な先生がいるスクール
など自分の目的に合いそうな場所を探してください。

費用は
日本ネイリスト協会認定校の場合、他校より割高なで事もありますが、
カリキュラムの内容により、自校で検定の受験が可能な資格があったり、
生徒が多い分生徒さん同士でお互いの爪に練習出来たりする場合もありますので、
沢山の爪で練習が可能などメリットもあります。

沢山生徒さんがいると、質問しにくい方やついていけるか心配な方は
少人数制のスクールでもいいでしょう。

また、
自分の生活で調整しやすく通いやすい場所や
通いやすい日にちに開校しているスクール、
遠方でも自宅練習のサポートがあるなど続けやすそうなスクールを選ぶ事も大切です。

スクールの方針や先生の相性もあると思いますので
いくつか選べたら説明会や単発レッスンなどを受けて体験してから選ぶ事をお勧めします。

 

通信やオンラインスクールの探し方

スクールを調べたけれど、近くに良いスクールが無くて回数通うのが難しい場合や
どの様な内容なのか試してみたい方、
まずは自力で取れるところまでは資格を取得したい方、
一度はネイルスクールを卒業したけれど、未取得の資格がある方
などはオンラインスクールもお勧めです。

やり方の動画など細かく豊富に取り揃えている所もありますので、
繰り返し動画を見て確認しながら練習が可能です。

やり方はスクールにより違う場合がありますので、
3級はこのスクール、2級は別のスクール、などバラバラにすると
混乱する場合があります。
学習を始める前に、
通うスクールと同様、オンラインでも自分に合いそうなスクールは選びましょう。

自分が将来習いたい内容や検定級まで用意されていると続けやすいと思います。

「ネイルスクールに通いたいけれど今は難しい、
いきなり大きな出費は決められない。」

「でも勉強してみたい!」

という方はオンラインから始めるのもお勧めです。

オンラインは通常の通うスクールより安く始められ、
自分の空き時間に学べる所がメリットです。

添削やオンラインでの練習チェックや少ない回数で通えるスクールも最近はありますので、
自宅で練習し、定期的にチェックを受けるなど併用すると上達もしやすいでしょう。

 

最後に

どの様なやり方でネイリストになるかはお好みですが、
基本的な技術や知識の習得は必要です。

自分に合ったスクールや習い方を選び自分がなりたいネイリストを目指して頑張ってください。